肝斑治療を行なってくれるクリニック【テンテンシミを撃退バスター】

女性

原因を除去する

シミ

治療のためには肝斑ができる原因を見極めることも大事です。これはシミとの違いを知る過程で明らかになることです。もちろん肝斑の治療や原因についてはクリニックの医師からも説明があります。そのため、詳しく自分で調べなくても十分な治療が施されるので安心です。しかし、治療が終わった後も肌に付き合っていくのは自分なのですから、知識を得ていることで二度と肝斑ができないように工夫したり、また生じてきても慌てずに対処することができます。しかも肝斑とシミが一緒に出てくるということも当然ありますので、問題をできるだけ増やさないようにするためにはシミと肝斑との違いをはっきりさせておくのも大事なのです。

シミは紫外線が肌の奥の真皮でメラニンを生み出すことが原因です。翻って、肝斑は紫外線は女性ホルモンのバランスが30代などとは異なることが原因になります。女性ホルモンは閉経に近づくに連れ乱れが大きくなっていきますので、30代後半から肝斑が現れるのです。そのため、治療では服薬も視野に入れられます。肝斑の治療のためにはストレスや疲労も無くす努力が必要です。なぜなら女性ホルモンは閉経や月経以外でも、疲労によっても影響がでてきてしまいます。女性は月経をコントロールするためにピルを服用することもありますが、それもきっかけになることがありますので注意です。そして過度のマッサージも肝斑の原因になってしまいます。マッサージをしていると皮膚が炎症してしまうので、それも肝斑の原因になります。