肝斑治療を行なってくれるクリニック【テンテンシミを撃退バスター】

女性

シミと見分けて対処

医者

肌はいつまでも明るく保ちたいものです。この場合、明るいとはなめらかな色を一定に保っているということでもあります。色黒の人でもそうでない人でも、顔の一部が他の場所と異なるほどに変色がわかると、印象が異なってきます。シミ一つない肌は顔の印象を若くみせてくれるので、肌の色を均一にすることは女性だけでなく男性の美容にとっても必要不可欠なものだとされてきました。しかし、どんなに紫外線などに気をつけていてもシミができてしまうこともあります。しかも妙齢の女性になってくると必ず持ち上がる問題が肝斑の問題です。肝斑はシミと同じようなものであると考えている人もいますが、実は少し違います。シミは紫外線でできるものですが、肝斑ができる原因は紫外線ではないのです。

肝斑とシミは見分けて治療を行なわなければいけません。シミの治療は今美容整形外科でも行なわれており、効果的な施術が提案されています。しかしそういったシミと同じ治療をしたからといって、肝斑が完全に治るというわけではないのです。肝斑の治療、もしくはシミの治療をクリニックで行う前に、きちんと見分ける必要があります。肝斑は40代に入って、もしくは30代後半になって突然出てくる症状です。しかも普通のシミとは違って広範囲に症状が渡り、通常のシミより隠しにくくなってきます。この肝斑は頬骨のあたりに生じてきますが、大抵同じ形で左右対称に顔に現れてきます。決定的なのは生理の時期とそうではない時期と比べると色の濃さが違ってくるのがシミとの違いです。